与太話

僕がギャンブルを卒業した方法_後編

この記事では、わたくしえもんだ社長(現在マイクロ法人社長でフリーランスエンジニアをやっている人物)が、ギャンブルにはまって卒業するまでの体験談(後半)を記載します。

  • ギャンブルにはまってて抜け出したい
  • ギャンブルをする人のことが分からない
  • ギャンブル中毒のあの人を救いたい

こんな人にはきっと参考になる記事です。

是非ともご覧ください。

執筆者のえもんだ社長は、医療についての専門家ではありません。
この記事はあくまで個人の体験記です。
もし、まともな生活を維持できないほどギャンブルにのめりこんでいる人であれば、まずは医療機関に診てもらうことをお勧めします。

【当シリーズ】

ギャンブルについての考え方

わたくしのギャンブルについての考え方の要点は、

  • ギャンブルは意外と色々な勉強になる
  • 人生で一度ギャンブルにハマるのはアリ
  • 一度ギャンブルにハマって卒業すると人間が成長する

です。

ギャンブル以外でも、投資で一発逆転とか、情報商材詐欺とか、不動産投資詐欺とかそういうものに引っかかることも無いと思います。

一度ギャンブルにハマって卒業したことは勉強になったと思っています。

ギャンブルにハマる理由

そもそも、人はなぜギャンブルにハマるのでしょうか?

理由はいくつかあります。個人の経験では、

  • ストレス
  • 人生の閉塞感
  • 無知と特別感

だと思います。

わたくしがギャンブルを卒業できたのもココを改善したからです。

順に解説していきます。

ストレス

ギャンブルとストレスにはかなりの関係があるはずです。

「ギャンブル ストレス」で検索すると、たくさん記事が出てきます。

実験データまでは見当たりませんでしたが、関連性はかなりあると思います。

会社のメンバーと麻雀をしていた時でも、毎朝

「今日は麻雀はやめとこう」
「そうだね。今日は早く帰ろう」

と言っていたのに、夕方になると

「やっぱ今日も打とうか〜」

という話になりましたw

夕方までに仕事のストレスが蓄積してギャンブルを我慢できなくなったのだと思います。

パチスロにハマっていた時も、IT業界で働いていて結構ストレスがありました。

今思えば、1番のストレスは資格の勉強であったかもしれません。

勉強は、結構頭脳にダメージがあったと思います。

当然、勉強で技術力は身についたのですが、体力配分まではちゃんと意識出来ていなかったかもしれません。

その結果負担が蓄積し、ギャンブルに手を出してしまう・・・という感じだったと思います。

人生の閉塞感

閉塞感も大きな原因だと思います。

人生において、

今やっている仕事が毎日同じでつまらない

とか、

今後の明るい未来が見えない

とか思ったときに、ついついギャンブルで快楽を味わいたくなるのだと思います。

また、ちょっと話は変わりますが、株などでも投機的な手法で一発逆転を狙うのは、

今の人生じゃ嫌だ!

という気持ちから来ているのだと思います。

情報商材詐欺や不動産投資詐欺などでも、よくある売り文句は「人生を変える」です

特に、本業で「これ以上発展しなさそうだ」という閉塞感があると、ついつい本業以外のところで、手軽にヒーロー気分が味わえることをやりたがるものだと思います。

無知と特別感

自分のことを運が良いと思っている人のグループと、運が悪いと思っている人のグループで、くじを引いてもらう実験を行いました。
くじには細工などは一切ありませんので、単純な運のみで当たり外れが決まります。
当たりくじを引く確率は、両方のグループで同じでした。

という話を聞いたことがあります。(うろ覚えの記憶です。ざっと検索しましたが、目ぼしいソースは見当たりませんでした。すいません)

この話を聞いたあなたはきっと「当たり前じゃないか」と思ったことでしょう。

ところが、ギャンブルで熱くなっている人には、この当たり前のことがわからないのです。(体験談)

何故かは分からないけど、

自分は特別で薄い(確率の低い)ところでも引ける!

と思い込んでしまうのです。

おそらく、過去に薄いところ引いたことがあって、その記憶が強烈に残っているためだと思います。

そんなこんなで、麻雀でリャンメン(高確率)の3900点よりも、シャンポン(低確率)の5200点を選んでしまうのです。

実際には、確率は必ず収束します。

でも、熱中して勝率が低いことをやっている時が、一番ギャンブルが楽しい時でもありますw

ギャンブル卒業

そんなこんなでギャンブルにどっぷりとハマっていた頃もありましたが、、、

タイトル通り、ついに卒業の時が訪れました・・・。

意外なことに、ギャンブル卒業のきっかけは必勝法を発見したことだったのです!

ギャンブル必勝法発見!

実は、ギャンブルには必勝法があります。

端的に結論を書くと、ギャンブル必勝法は

期待値がプラスになる行動を見つけ出し、その行動を淡々とやり続ける

です。

実は、麻雀でもっとも勝率が高い打ち方というのは、かなり解明されてきています。

ネットの通信対戦による膨大なデータがあるからです。

そのデータを解析すれば、最適解にかなり近い回答が得られます。

もちろん、相手によっての違いはありますが、

手なりテンパイ即リーが最強
他家のリーチには良型イーシャンテン以下はベタ降り

という原則は常に通用します。

※麻雀を知らない人には分からない話ですいませんm(_ _)m

パチスロでも、わたくしが打っていた頃には必勝法がありました。

『バジリスク絆』という台で、360回転以上している台だけを打つ
一回当たったら深追いせずに必ず即ヤメ

です。

※写真はユニバーサル様の公式サイトから引用しました。今はこの台は検定期限切れでパチンコ屋に置いてない台です。

360回転以上している台はなかなか落ちていません。

  • パチンコ屋を何軒も回って、とにかく360回転以上している空き台を探す。
  • 360回転以上の空き台を見つけたら打って、必ずボーナスが当たるまで打つ。
  • ボーナスが終わったらどんなに名残惜しくても即ヤメする。

この作業を毎日繰り返したら必ず勝てます

ネットの記事ではありますが、「毎日やれば月収15万〜20万くらい」と書いてあったと記憶しています。

1枚20円のスロットで等価交換なら、7,500枚~10,000枚/月(250枚~333枚/日)のプラスです。

実行したことはありませんが、恐らくそのくらいだと思います。

ギャンブルに負けた時は、熱心にネットで情報収集をしました。

負け額が大きい時ほど特に熱心に情報を集めました。

そして上記の必勝法を見つけたときに、思いました。

こんな作業をして小銭を稼いでも面白くない

と・・・。

ギャンブルのことを本心から「面白くない」と思ったのはその時が初めてでした。

確率の神秘のメッキがはがれた

確率というのは本当に不思議です。

  • ほとんどの場合で上振れや下振れが起きます。
  • いずれ必ず収束します。
  • 全ての人に対して平等です。

なぜか人間の感覚はこの確率というヤツを正しく認識できないみたいですw

確率を理解できずに踊らされているときが、人間がギャンブルを本当に楽しんでいるときなのかもしれませんww

しかし、その確率も論理的に考えれば正しく理解できます。

パチスロのリールを50回止めた中で、100分の1 の出目が2回出たとします。

珍しいことかもしれませんが、確率的には十分起こり得ます。

300回止めても、100分の1が一回も出ないこともあります。

これは俗に3倍ハマりと呼ばれてて、5%弱で起こります。毎日やっていれば月に1〜2回くらい起きます。

こういう風に頭でわかると、感動がなくなり、面白くなくなってきました。

ついにギャンブル卒業

面白くなくなってからは、惰性でギャンブルをしていたと思います。

面白くなくなってからでも、パチスロを辞めるのはちょっと大変でした

  • 音と光の刺激が癖になっている
  • 土日に行くという習慣
  • 手軽に出来てしまう

という理由だったと思います。

前回も書きましたが、その頃貯金は増えていました。

お金の面で、すぐに辞めなければならない、という状況ではありませんでした。

ギャンブルの合間に勉強し、ITの資格も結構取っていましたので、ギャンブルで人生設計が狂うほどでもなかったです。

金曜日までにストレスが溜まって、土曜日についつい行ってしまう、という日々が1年くらいあったかもしれません。

しかし、それも次第に減っていきました。

資格の勉強がひと段落して、ストレスが減ったからかもしれません。

仕事においても、取得した資格のおかげもあって、前途は明るかったです。

最後の一押しは、部屋の大掃除だったかもしれませんw

部屋を掃除して、着なくなった服などを始め、いらないモノを全て捨てたのです。

それで気分が良くなったためなのか、頭からギャンブルが消えていきました。

そんなこんなで、気が付いたら1ヶ月以上麻雀もパチンコもやってませんでした

ギャンブルには完全に飽きた。卒業だ。

と確信しました。

まとめ

2回に渡ってギャンブルについて書きました。

もう全然やってないのですっかり忘れていましたが、人生で結構な時間をギャンブルに費やしていたみたいですw

ただ、ギャンブルで「期待値」「確率は平等」「体感は当てにならない」ということを、身銭を切って体験したのは、その後の人生で生きてると思います。

また、ギャンブル(特にパチンコ)に対して、異様な嫌悪感を抱く人がいると思いますが、それもあんまりよくないと思います。

古代ギリシャでもサイコロを使ったギャンブルがあったそうです。そのくらいギャンブルは人類に普遍なものです。

一番良いのは「一度ハマって卒業する」だと勝手に思ってます

しかし、人にギャンブルを勧めるつもりもありません。

やりたくなかったらやらなくても全然問題ありません。

この記事がお読みのあなたの役に立てれば幸いです。

それでは (*゚▽゚)ノ

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

お読みのあなたが現役エンジニアなら、是非とも下のサムネをクリックしてアンケートにご協力をお願いします m(_ _)m

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

-与太話
-, ,